-->
信頼と実績の交際クラブ六本木オーキッドへようこそ
東京都営業届出第141号
退屈な毎日が劇的に変化する!
日常生活を輝かせる出逢いをすべての会員の皆さまに!
-完全会員制の交際クラブ・デートクラブ-
【六本木オーキッド】
退屈な毎日が劇的に変化する!
日常生活を輝かせる出逢いをすべての会員の皆さまに!
-完全会員制の交際クラブ・デートクラブ-
【六本木オーキッド】

信頼と実績の交際クラブ【六本木オーキッド】

◆信頼と実績の交際クラブ【六本木オーキッド】

人生は長いようで短い。

このような何万回も繰り返されたフレーズを敢えて使わせて頂きます。

あっと言う間に、終着の日を迎える我々の人生において、少しでも、『心弾むときめきの瞬間』を多く感じていたい。

これは偽らざる人間の本能であり欲求であると思います。

この魂の要求に応えられるイベントのひとつに、『素敵な異性との出逢い、そして交際』があります。

素敵な異性との出逢い、そして交際は、昨日までの平凡な日常を一変させるパワーがあります。

『素敵な異性との出逢い、そして交際』により、
『心弾むときめきの瞬間』
に彩られた毎日を過ごすことにより、

貴方は若々しさを取り戻し、躍動感を取り戻し、人生に対するイニシアティブも取り戻します。

感動を取り戻し、明日が待ち遠しい!というワクワク感も貴方の元へ戻ってきます。

六本木を拠点とした完全会員制の交際クラブ【六本木オーキッド】の目的はそこです。

「素敵な異性との出逢い、そして交際」により、「心弾むときめきの瞬間」に彩られた毎日を会員の皆さまにお届けする。

そして、会員の皆さまが、活き活きと日々の生活で躍動していく。

少子高齢化や年金不安など、暗いニュースが影を落とす我々の社会において、一人でも多くの躍動感溢れる方たちを世に送り出さて頂くことは、単なる収益活動を超えた、大きな価値があると私ども六本木オーキッドは考えております。

ようこそ、ときめきの新生活へ。

心弾む日常を取り戻し、黄金の魂の輝きを放ちましょう。

そのお手伝いを、私たち【六本木オーキッド】にさせて下さい。

2010年 吉日
完全会員制交際クラブ
【六本木オーキッド】

代表 O

----------------------------

【追記】
2019・2・8

あれから9年が経ちました。

交際クラブを取り巻く環境は大きく変わり、 雨後の筍のように数多の交際クラブが新しく設立されました。

しかし、交際クラブが男性会員さまと女性会員さまに提供すべき、 真の満足と価値を突き詰めようとし続けているのは、 相も変わらず私たち六本木オーキッドだけだと感じております。

拝金的で、表面的な、 「交際クラブごっご」をしたいだけの交際クラブは、 早くこの業界から退出して欲しい。

真剣に、真剣に、 交際クラブが男性会員さまと女性会員さまにお届けすべき満足と価値とは何なのかを 考え続けている交際クラブ以外は、 早くこの業界から退出して欲しい。

六本木オーキッドはまだ道半ばです。

もっと、もっと、男性会員さまと女性会員さまに、 更なる満足や価値をご提供することができると思っております。

日々の研鑽を忘れることなく、 交際クラブ道を邁進して参ります。

皆さま、これからもどうか、 六本木オーキッドをご贔屓にお願い申し上げます。

完全会員制交際クラブ
【六本木オーキッド】

代表 O

----------------------------

【追記】
2019・4・20

おはようございます。

依然として【交際クラブ】業界は、 【拝金交際クラブ】と【真剣紹介交際クラブ】に二分しております。

大手と言われているところは、 残念ながらほとんどが【拝金交際クラブ】です。

【拝金交際クラブ】の運営者たちは、 その男性会員も女性会員も、 極端に言えば彼らの美味しい収益源としか見ておりません。

「【拝金交際クラブ】だから大手交際クラブに成り得た。」 一方でこれも事実だと思います。

経営とはそう簡単なものではないですものね。

私たち信頼と実績の交際クラブ【六本木オーキッド】は、 2010年の発足以来、一貫して、徹底して、意固地になって、 【真剣紹介交際クラブ】であり続けております。

存在する目的は、 男性会員さまと女性会員さまに、 【価値のあるご紹介】をご提供差し上げること。

それだけを真剣に追求し続けております。 【価値のあるご紹介】を真剣に追求しているだけですが、 おかげさまで何とか存続することが出来ております。

それで十分ではないですか。

もうすぐ発足から10年が経ちます。

皆様、これからも【真剣紹介交際クラブ】の【六本木オーキッド】を、 ご贔屓にお願い申し上げます。

完全会員制交際クラブ
【六本木オーキッド】

代表 O

2020.01.24

カテゴリー: blog.

aaaaaaa