-->
信頼と実績の交際クラブ六本木オーキッドへようこそ
東京都営業届出第141号
退屈な毎日が劇的に変化する!
日常生活を輝かせる出逢いをすべての会員の皆さまに!
-完全会員制の交際クラブ・デートクラブ-
【六本木オーキッド】
退屈な毎日が劇的に変化する!
日常生活を輝かせる出逢いをすべての会員の皆さまに!
-完全会員制の交際クラブ・デートクラブ-
【六本木オーキッド】

「交際クラブ 男性の入会条件」

交際クラブに興味があるけど、実際に入会するのにどんな条件があるのか不安がある。

あなたはそんな風に思って二の足を踏んでしまっているのではないでしょうか?

そこで今回は男性が交際クラブへ入会するのに必要な審査基準について説明していきます。

 

交際クラブの入会条件

交際クラブは大人が求める社交場ということもあり、一定以上の審査基準が設けられています。

その審査基準をクリアしないと交際クラブには入会することができないので、注意しましょう。

ただ、入会基準はあまりにもハードルが高いものではないですが、しっかりとした基準が設けられているため、基準に満たない人は無理しないことをおススメします。

交際クラブによって審査基準は異なりますが、ほとんどの審査基準は以下の4点です。

ここからはより詳しく審査基準について説明していきます。

 

身元が確かな人物かどうか

これは一番大前提の審査基準になります。

身元が確かかどうかというのは、しっかりとした書類で本人確認を行えるかどうかなどで判断します。

本人確認を行う書類は、

など顔写真がついている書類で確認を行うのが一般的です。

他の審査基準としては、反社会的勢力に属してないかなども大事になります。

ここは一般的な成人男性であれば問題なく通過できる審査基準になります。

そのほか会員の紹介であったとしてもしっかりと身元確認は必須になりますので、強引に身元確認をせずに入会はできないので注意しましょう。

交際クラブの女性が少しでも安心できるためなので、最重要項目になります。

 

年齢制限(20歳以上)

年齢制限も大前提の審査基準となっています。

交際クラブによっては30代以上などの制限があるところもありますが、一般的には20歳を超えていれば問題ありません。

未成年を入会させるとクラブの信用問題にも関わりますので、この点はしっかりと身元確認を行って確認する審査基準になります。

この審査基準に関しても基本的に成人している男性であれば特に問題ないので、そこまで気にする必要はありません。

ただ、交際クラブの特性上若い=モテる、と勘違いしていると、思ったような関係に発展しないこともあるので謙虚な姿勢はどの年代でも忘れないようにしましょう。

 

年収

交際クラブの審査基準で一番あなたも気になっている部分だと思います。

交際クラブによって年収の審査基準はそれぞれなので、一概に○○円以上!と断言はできません。

ですが、交際クラブに所属している男性の最も多い年収は3000万円~5000万円の間だそうです。

ただ、年収は最低でも1000万円以上であることがほとんどで、それ以下の男性は高額な入会金などが厳しくなってくるようです。

年収に関しては確定申告書類や収入証明書の提出を求められることはなく、完全な自己申告制になります。

ただし自己申告制だからといって、身の丈以上の年収を申告しても後で苦しいのはあなたです。

そのような見栄を張る必要がないくらいの収入と余裕ができてから、交際クラブに登録することをおススメします。

年収が自己申告制なのは、先ほど軽く述べたように入会金が高額な設定をしてあることがほとんどだからです。

収入が一定以上ないと会員を維持できないため、入会金や会費で収入に関しては見極めているといえます。

 

人間性・社会性

入会時の審査基準というよりは、女性と出会ってから一番人間性が問われます。

交際クラブに登録されている時点で収入面は最低限保証されているわけで、実際に会って人間性や社会性がないとその後の関係に発展することは一生ありません。

交際クラブ以外での出会いの場では収入の高さで人間性、社会性がなくてもカバーできていたかもしれませんが、交際クラブではそのようなことはありません。

しっかりと相手の女性も尊重できるような社会性を身に付けましょう。

 

交際クラブの入会条件のまとめ

今回は男性が交際クラブの入会条件について解説していきました。

主な審査基準は4つです。

入会するには年収が一定上であれば審査は通りやすいですが、その後女性と出会って関係が発展するかどうかは、人間性が非常に重要です。

2021.06.17